コンテンツ(文章)は「一晩寝かせる」といいものに

文章

ホームページのコンテンツを構成するのは、画像などのビジュアルと文章になります。
ホームページを更新していくには、文章が必ず必要です。

その文章ですが、「一晩寝かせる」ということを先輩に教わりました。
まるで料理のレシピみたいですが。
「書いた文章は、一晩寝かせて翌日もう一度読んで直す」

文章を書いている時はテンションが上がっていて、「よし、良い文章が出来た」と思います。
しかし、翌日読み返してみると必ず修正する箇所が見えてきます。

誤字脱字の発見や、伝わりにくい表現、くどい、何を言っているか分らないなど自分で書いた文章を客観的に読むことでいろいろと見えてきます。

〇 もっとよい表現はないか。
〇 具体例を挙げたほうがいいか。
〇 意味が伝わる文章になっているか。
〇 シンプルに分かりやすくできないか。

こんな事を考えながら修正をしていくと、よい文章になります。
一晩寝かせる時間がない時は、どうしたらいいでしょうか。

そんな時は、最低でも10回読み返してみることです。
途中で席を外してコーヒーを飲んだり、ちょっと散歩に行くといいです。

頭の興奮を抑えて、ニュートラルな状態に戻してからまた文章を読みます。
興奮すると独りよがりの文章になる事が多いのです。

ホームページの文章は、お客さんが読みやすい文章で書かなければなりません。
「お客さんへの思いやり」が大切です。

読み返してみて「お客さんへの思いやり」のある文章になっているかどうかを確認します。